TOP > 留学での役立つこと。

日本から出て何かを短期間でも長期間でも学ぶって事は、自分の知識や視野を広げるチャンスいわゆる留学と言えます。

言葉が通じなくてジェスチャーから始まる留学や、ある程度話せて今ある力を試すことから始める留学もあります。その中でホームシックや友達つくり、文化の違いなど色んな壁がぶつかってきます。

留学で、必要となってくることは、自分をアピールできるか、どれだけオープンな心でいられるかで視野を広げられるかは変わってくると思います。

日本では当たり前でも国が違えば当たり前でなくなること。



そういう小さな変化を体験できる楽しさがあります。
友達が出来たら、日本を紹介できて日本の良いところや、文の違いなどを伝えることができて、少しのミスも恥ずかしがらずに積極的にコミュニケーションをとることができます。
反対に、日本人はこういう人が多いんだ。というように、印象を与える人にもなるので、自分が日本の事を知っていなかったことにも築かされるが少し大変でもあると思います。

まわりに日本人の少ない環境での留学であるならば、なおさら自分一人が日本の印象を与える存在にもなります。



楽しい経験でもあり自分を変えられる機会でもあります。そこで、できる経験は誰もが出来ることでは無いですし、友達という輪も国を越えます。
挨拶や、その国の当たり前の生活習慣を体に染み込ますことでまた、日本に帰ってくるとそれが、普通なのかどうなのかを思い出させてくれます。